日本で暮らすタイにつながりを持つ子ども達に向けて

ラックパーサータイ(RPT)とは

ラックパーサータイ(RPT)とは、タイ語を愛する、タイ語を大切にという意味です。

日本で生活をするタイにつながりを持つ子ども達の未来を応援する

近年、タイからの呼び寄せで来日する子どもが増えていますが、日本語の力が足りないことから学校での授業についていくことが難しく、不登校や不就学につながるケースも多いようです。

 子ども達に決してあきらめることなく将来に向けて歩んでほしい、そしてこの子ども達をタイからも応援しようという声が在タイの元日本留学生たちの中から上がり、日本とタイ両国のメンバーが協働で学習語彙の訳語集を作成することになり、この活動がスタートしました。


RPTの活動の目的

日本で生活をするタイにつながりを持つ子ども達と在タイの元日本留学生とを結び、タイ語によるサポートの道をさぐること、また現在学習支援の対象となっている児童・生徒が成長後に、後輩の児童・生徒を支援できるような環境を作ることです。


RPTの主な活動


主に学校・教育関連の通訳・翻訳(日本語-タイ語)
小学生の為の母語(タイ語)教室開催
小学生の為の子ども勉強会開催
タイ語図書の寄贈

過去の助成実績


神奈川子ども未来ファンド(平成25・26年度)
公益財団法人 KDDI 財団 「社会的・文化的諸活動助成」(平成23年度)
リコー社会貢献クラブ・FreeWill(平成22年9月)
かながわボランタリー活動推進基金「ボランタリー活動補助金」(平成20〜22年度)
(財)国際コミュニケーション基金「社会的・文化的諸活動助成」(平成20年度)